お問合せ先

尾瀬国立公園

尾瀬ヶ原 桧枝岐小屋

■ 尾瀬ヶ原(下田代・見晴)

福島県南会津郡桧枝岐村燧ケ岳1番地

予約電話 090-3405-6460

 FAX   03-6888-5422

※ご予約の際は予約電話(衛星携帯)までご連絡をお願い致します。<7:00〜21:00>


■ 冬季案内所(11/1〜4/1)

案内所 群馬県利根郡片品村戸倉565

TEL 0278-58-7050 FAX 0278-58-7000

メールアドレス info@oze-hinoematagoya.jp

 

尾瀬のハイキングを快適にするために・・・

1、服装

 尾瀬ヶ原は標高1,400m、尾瀬沼は標高1,665mの高地にあります。平地に比べると気温が8〜10℃前後低くなります。夏でも標高が高い分、朝晩は冷えますので、長袖又は薄手のセーター、ジャンバーなどをご用意ください。ハイキング中は、動いているので暑く感じます。脱いだり、着たりしやすい服装が良いでしょう。また山岳地帯ですので急な天候の変化もあります。雨の時の準備を忘れずに、必ず雨具をご用意ください。雨具は風除けにもなるので便利です。傘は荷物にもなり、使用する時も手がふさがり不便なのでカッパをご準備ください。靴については、履き慣れた登山用の靴をお薦めします。スニーカーなどの場合は、靴裏に凹凸のあるものを必ずご用意下さい。木道の雨天時は滑りやすくなりますので、特に注意が必要です。新品を購入された方や普段使用されていない方は当日までに履き慣らしておくことをお薦めします。

2、マナーについて

 木道は右側通行になります。特別保護地区のため、木道を外れて湿原などに踏み入ることや、動植物などを持ち帰ることは厳禁です。またゴミは尾瀬に残さずにお持ち帰りくださいますようご協力をお願い致します。おタバコを吸われる方は歩行しながらの喫煙はご遠慮ください。また携帯灰皿をご持参ください。

3、ベストシーズンは

 有名なミズバショウのシーズンは雪解け後の5月下旬から6月上旬が例年見頃です。冬の雪の量や春の気候・気温によっても見頃は多少前後します。またミズバショウの後は、数々の高山植物が見頃になり種類も豊富です。7月中旬からのニッコウキスゲや、9月中旬から10月中旬の湿原が色づく草もみじや山々が紅葉する頃も良い時期です。春から秋まで尾瀬は四季折々の姿でみなさんを迎えてくれます。

※その他の質問などご不明な点はお気軽にお問合せください。

copyright (c) 2013 http://www.oze-hinoematagoya.jp All right reserved.